小顔矯正で大きな顔をスリムにしていこう【エラへのボトックス注射】

マッサージと注射と手術

カウンセリング

「顔が小さい」は誉め言葉

「顔が小さい」という言葉がそのまま誉め言葉になるほど、小顔というのは美容面で大きな武器となっています。そのため、美を追求する人たちは小顔矯正治療に前向きとなり、美容外科クリニックの小顔矯正治療が人気を集めています。美容外科クリニックで行なわれている小顔矯正メニューは、マッサージから整形まで多彩です。マッサージでは老廃物や脂肪を取り除いて顔を小さくする方法が多いです。整形メニューはプチ整形と手術に分かれており、中でもプチ整形は注射だけで完結できるため、人気のメニューとなっています。プチ整形の代表としては、ボトックス注射やヒアルロン酸注射が挙げられます。ボトックス注射は、エラなど筋肉によって顔が大きく見えている場合に用いられる治療方法です。注射を施すことで特定の筋肉を小さくし、痩せさせることを目的としています。一方ヒアルロン酸注射は、顔を小さく見せるための注射治療です。実際に顔のサイズが大きいわけではなく、顔のパーツが平面的であったり、アゴが平坦だったりなどの輪郭のバランスによって大きく見えてしまっている人に向いています。ヒアルロン酸は元々体内にある成分なので拒絶反応がなく、アゴや鼻筋に注入することで顔にメリハリをつけることができます。アゴに注入してシャープに仕上げると、不思議と顔が小さく細く見えるようになります。鼻筋が通っていると、頬の面積が小さく見えるなどの効果があり、顔のサイズは変わらないながらも小顔効果が得られる治療です。注射を施すだけで顔が小さくなれるならば、試してみたいと考える人が出てきてもおかしくありません。注射は今まで経験したことがある人が多いでしょうし、その親近感が人気の一因となっているのかもしれません。美容外科クリニックで行なわれている小顔矯正治療は、大きく三分できます。マッサージ、プチ整形、手術による整形です。マッサージの場合、余分な脂肪や老廃物を体外へ排出するための手段ですので、定期的に通わないと元に戻ってしまうことが多いです。自宅でのケアや食生活も関与してきますので、生活に最も密着した治療方法と言えます。マッサージによる治療を受ける場合は、生活改善も含んだ治療であることを踏まえて臨む必要があります。次にプチ整形ですが、こちらは注射などを利用した方法が代表的です。ボトックス注射やヒアルロン酸注射がその代名詞と言えます。ボトックスもヒアルロン酸も小顔効果のある成分を注入するという方法なので、治療前に丁寧にカウンセリングを行ない、生活スタイルや体質などを確認していきます。医師とのコミュニケーションが重要となりますので、不明点などは積極的に訊いていくようにしましょう。また、治療前よりも治療後の注意点のほうが仕上がりに影響するので、医師の指示にしっかりしたがうようにしましょう。最後に手術による小顔矯正ですが、これは骨を削ったり、贅肉を取り除いたりする方法となります。マッサージやプチ整形では改善できない内容の場合に用いる治療です。ダウンタイムも他の治療方法より長くなると予想されますので、休暇の取得など、スケジュール調整が必要となります。これらの方法のうちどの方法で治療していくかについては、カウンセリングによって医師に提示してもらった上で選択することになります。原因によって適する治療法は異なるため、まずは診断してもらうのが先決です。

Copyright© 2018 小顔矯正で大きな顔をスリムにしていこう【エラへのボトックス注射】 All Rights Reserved.