小顔矯正で大きな顔をスリムにしていこう【エラへのボトックス注射】

意外と知らない整形の裏側

顔に触れる女性

あっという間に終わる施術

以前よりも認知度が高まり「整形しています」とカミングアウトする人も増えており、整形に対する目はどんどん開かれているものになっているでしょう。しかし未だ“整形は興味があるけど痛そうだから嫌だ”と感じている人も多く、二の足を踏んでいる人も多いようです。実際の所痛みの度合いは施術によって異なりますが、小顔矯正はそれほど痛みは感じにくいといわれています。もちろん小顔の矯正手術の中でも頬の中から脂肪を吸引するタイプの施術や骨を削るなどの大掛かりなものは痛みも多いようですが、ボトックス注射やリフトアップなどは痛みがごく弱いと言われるのです。ボトックス注射は名前からわかるように注射で顔を小さくする成形方法ですが、注射時には麻酔をしないこともあり、痛みがどれだけ弱いか分かるでしょう。リフトアップには注射と糸を縫い込む方法がありますが、糸を縫い込むリフトアップも痛みは弱いと言われます。局所麻酔を施すものの、使用する糸や針は極めて細いものなので施術中はやや違和感を覚える程度のようです。なお、痛みに弱い人向けの施術方法や、施術に使う道具を変えてくれる美容クリニックも数多くあります。小顔矯正はしたいけれど痛いのは嫌だという場合には、医師にそのことを伝えましょう。ちなみに医師はこうしたリクエストをされることも多く、困る依頼ではないため遠慮なく伝えていくのがベターです。努力なくしてキレイにはなれない友いわれますが、実際には痛みや努力を重ねなくても簡単にきれいになったり、コンプレックスを解消したりすることもできます。未だに高い金額が必要と思われがちな美容整形ですが、美容クリニックによってはキャンペーンなどで10,000円未満の整形プランを用意している所もあります。それほどまでに価格が下落しており、いまや整形は贅沢ではなく日常的なケアとしての側面を持つようにもなりました。最近特に人気の小顔矯正も同様で、施術方法によってばらつきはあるものの10万円〜13万円ほどで利用できるプランが多く見受けられます。小顔矯正の代名詞ともいえるボトックス注射の場合、1本につきおよそ70,000円前後が相場となっていますが、注入量や注射する部位が増えるごとに料金が増えるのが特徴です。ちなみにこのボトックスは注射をするだけなので、跡が残りにくい上に、効果の定着に1週間〜2週間ほどかかります。つまり、緩やかに変化していくので周囲からも自然な変化に見えるということです。もっといえば、注射を繰り返すごとに効果が安定していき、5、6回繰り返すことで、注射後のまま小顔が維持されるケースも珍しくありません。そうした点からも評判がよく、老化対策として30代のうちから美容ケアに取り入れる人もいるほどです。なお、頬のたるみや額のシワなどにも効果的なため、男性でも利用者が増えています。常に進化し続ける美容整形だからこそ、毛嫌いしていては勿体無いといえるのではないでしょうか。新しい情報を知って“これなら自分でも取り入れたい”、また“挑戦してみたい”と思うものがあるかもしれません。食わず嫌いをせずに美容整形を生活に迎えてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 小顔矯正で大きな顔をスリムにしていこう【エラへのボトックス注射】 All Rights Reserved.